マクロビオティック

FX会社によって商品設定が違うバイナリー

FX会社によって商品設定が違うバイナリー。
今回はその中でも基本形とも言える3つの
特徴を解説したいと思います。

理由は
タイプ別に稼ぎやすい相場と稼ぎにくい相場があり
それを熟知する必要があるからです。

相場の特徴を押さえ、単純な確率論を超えて
儲けを出し続けるには、やはりFXの知識が必要だと
わたしは思います。

相場に明確なトレンドがあるか、それともボックス相場
なのかなど、その時の相場状況を見極め、予想が
当たりやすくなったところで勝負するのが
バイナリーで勝つ近道です。

FX会社によって大きく異なる商品設定には
「ハイ&ロー」「ワンタッチ」「レンジ(ノータッチ)」
の3タイプがありそれぞれ攻略法は違っています。

まず最初は、
「ハイ&ロー」です。これが一番知られている
と思います。

為替レートが5分後、10分後にとの辺りの価格帯
にあるかを「○○円より上」「△△円より下」と
いう予想枠から選択するタイプです。

特徴はその時間帯の為替レートに明確なトレンド
があると、とても予想がしやすいという事です。

次は「ワンタッチ」
時間内に1度でも予想レートに達したら(タッチしたら)
勝利が確定します。

ハイ&ローに比べ難易度は下がりますが、現状より
かなり離れたレートにタッチしないと大きな収益を
生むことができません。

続いて「レンジ(ノータッチ)」
は逆に「○○円まで上がらない」「△△円まで下がらない」
というレンジ幅を予想します。

このタイプの特徴は、相場の変動率が低い時に当たりやすい
と言えます。

 

 

 

基本的なテクニカル指標の種類│バイナリーで勝つ為に知っておく事

バイナリーオプションで勝てない?嘘でしょ?

 

バイナリーオプションでは、テクニカル分析を
することで利益を上げるチャンスを増やすことができます。

 

テクニカル分析には、いろいろな種類があります。
移動平均線はテクニカル指標の中でも最もポピュラーな指標
と言われていますので、バイナリーオプションをする時には
マスターしておいた方が良いと思いますよ。

 

過去の値動きの中でも平均値を線状につなげることで
チャートにしているものを移動平均線と言います。

 

期間を長くすればするほど、線の動きは上下の変動が少なくなり、
緩やかなものとなります。

 

このため、分析もしやすくなります。
移動平均線を見ることで、上昇トレンドか下降トレンドか
と言う、バイナリーオプションをする上で
最も重要な判断をすることができます。

 

他にもバイナリーオプションでは、
一目均衡表を活用する場合があります。

 

一目均衡表とはトレンド転換をはじめとして、
相場の流れを分析するのに適したテクニカル指標のことを指します。

 

転換線や基準線、先行スパン1、先行スパン2、
遅行線から構成されていて、ラインを見ることで
今後の相場の行方を分析することになります。

 

線が組み合わさっている所のことを雲と呼びます。
この雲が上に突き抜けているような形状になっているのであれば、
上昇圧力が強まっていることが分かります。

 

逆に雲の中に突入しているとか、転換線が基準線を
下回っている場合には下降局面に今後なっていく
可能性が高いことになります。

 

このようにいろいろな種類のテクニカル指標を活用して、
正しく相場を理解しましょう。

 

 

 

バイナリーオプションの種類│3つのタイプと戦略

バイナリーオプションで勝てない?嘘でしょ?

バイナリーオプション取引には、
大きく分けて3種類の判別方法があるんですよ。

 

基本的にどれも共通しているのは、一定時間の後のレートが
どのように動くのかということを予想することにあります。

 

よって、どのタイプをチョイスしても、
すべき戦略の立て方は一緒なんです。

 

しかし結果の判定方法が、以下で紹介をする
バイナリーオプション3種類によって変わってきてしまうのです。

 

まずは、ハイアンドローという判定方法です。
ハイアンドローは、バイナリーオプションの中でも
最もオーソドックスな判定方法と言えます。

 

今現在のレートと一定時間の後のレートが
上になっているか下になっているかの予想をします。

 

初めてバイナリーオプションに参加をする人からすると、
シンプルで分かりやすい取引方法だと思いますよ。

 

他には、タッチと言う判定方法もあります。
タッチは、判定時間までの間に決められたレートに
タッチするかしないかと言うことを判定基準にします。

 

もし1度でも判定時間内にタッチをすることができれば、
あなたの予想は的中したことになります。
そしてその後、どのように相場が変動しようと結果は変わりません。

 

最後の方法がレンジという判定方法です。
レンジは、判定時間までの間でレートがある決められた
レンジの中で推移するかどうかを予想するスタイルになります。

 

もしレンジの中で推移をすると予想をして、判定時間までに
1度でもそのレンジを逸脱してしまった場合には負けです。
この点は注意しないといけません。

 

もしスリルのあるトレードを希望している人であれば、
レンジはおススメのスタイルと言えるかもしれませんけどね?