マクロビオティック
為替値動き » 為替の値動きグセを攻略!時間帯別倍率セレクト法

為替の値動きグセを攻略!時間帯別倍率セレクト法

バイナリーオプション取引の中で
ニューヨークとロンドン、そして日本が
為替の3大市場となります。

上記それぞれには値動きのクセというものが
存在し、また相性の良い戦略もあります。

午前8時から翌日の午前4時ごろまで、長時間取引可能な
FX会社も多数存在するバイナリーという商品。

そこで気をつけたい事は、時間帯別の値動きのクセです。

為替には一定のリズムが存在していて、それを元に
堅実な取引をしている人も多く
そのクセとは時間帯によって値動きに特徴が見られます。

特に世界3大市場である
東京市場の9時から17時
ロンドン市場の1から25時
ニューヨーク市場の21時から29時

これらの値動きグセを熟知するのが
バイナリー勝利の方程式です。

東京時間の9時から15時は、その日の仲値決めが行われる
10時前後を覗くと、レンジ相場が続きます。

そうすると、現在値に近い価格帯を狙った
取引方が勝率が高くなります。

一方で、ロンドン市場開始直後の16時から18時、
ニューヨーク市場が始まり各種の経済指標が発表される
21時から翌1時は、トレンドが発生すると、ダイナミックに
続くことが多いので、

倍率が高めのチケットに投資する「高リターン作戦」
が的中しやすくなります。

米国雇用統計などの経済指標が発表される瞬間は
その結果を自分なりに予測する先回り的な戦略も有効です。

もちろん、過去の経済指標発表時の値動きデータを
参考にして、結果が出たら後追いで儲けを出す
手堅い取引でもいいでしょう。

因みに、東京オプションの精算時間である、
15時と、ニューヨークオプションの同0時(冬時間)
ロンドン市場の仲値が決まる同1時
「ロンドンフィックス」では

乱高下する可能性が高いので避けたほうが良いでしょう。

このように「クセ」という「ポイント」を見逃さず
着実に結果を出していくことがバイナリーで負けない
コツの一つになります。